生理痛がひどい場合の原因は?

a0002_004045

女性であれば月に1度は来る生理期間

その間、ひどい生理痛に悩まされる人も多いのではないでしょうか。

女性のライフスタイルも随分と変化し、
今は仕事で多忙な人も増えています。

そういう人は生理だからと言って休めないので辛いですよね。

しかしそんな生理痛ですが、一体何が原因なんでしょうか。

生理痛の原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.子宮の炎症を起こす成分の過剰分泌

生理痛は子宮の過剰な収縮や炎症が原因と言われています。

生理とはそもそも子宮の内側の膜が剥がれ落ちるものですが、
その際にプロスタグランジンという成分が過剰に分泌されていると
炎症を起こしたり過剰に子宮を収縮させたりします。

そしてこのプロスタグランジンという成分は元が脂肪分なので、
生理痛があるときには脂肪分の多い乳製品やお肉はできるだけ避けて
食事を考えるようにと言われるんですね。

2.冷えから来る血行不良

冷え症の女性も多いと思いますが、血行不良により
プロスタグランジンが子宮内にとどまることで
痛みの続く時間を長くしてしまいます。

ですからしっかり体を温めましょう

さらに冷えは痛みを敏感に感じさせてしまうので痛みを増長させます。

冷えを感じる人は早急に対処しましょう。

わたしも体が冷えないようにひざ掛けを用意したり
カイロを貼ったりするだけでずいぶん楽になりましたよ。

3.生活習慣・ストレス

生活習慣は人間の体に大きな影響を与えます。

生理痛もそれは同じ。

生活習慣がだらしなかったり、規則正しい生活が送れないと
ホルモンバランスが乱れたり、運動不足で血行の流れが悪かったり
生活習慣が生理痛に与える影響は非常に大きいと言えます。

また、アルコールや喫煙も大きく影響してきます。

a0002_011960

アルコールは血流をよくしますが、生理の日にかぶってしまうと
余計に出血したり酔いやすくなったり。

喫煙は血管を補足してしまうので
血行が悪くなってしまうことに繋がります。

4.子宮口が狭い

子宮口が狭いことにより、経血がうまく流れていかないことも
生理痛の原因の一つとも言われています。

こればかりはもう生まれ持った体の構造なので仕方ないですよね。

出産を経験すると幾分か子宮口が広がるので、
経産婦さんだと痛みが和らぐかもしれません。

最後に

生理痛の原因は一つではありません。

病気の可能性もあります。

あまりに長く続くようであれば一度病院に相談してみましょう。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ