便秘で腹痛に!解消する方法は?

a1640_000382

便秘で困っている人もたくさんいるのではないでしょうか。

便秘が長い間続くと、お腹にガスや便が溜まり、
他の内蔵を圧迫して腹痛に繋がります。

便秘による腹痛って本当に辛いですよね。

そこで今回は便秘の腹痛を解消する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

1.おへそ周りのマッサージ

私自身もよく使う手段が、おへそ周りのマッサージです。

便秘には様々な原因がありますが、
腸の動きが活発ではないために起こることもあります。

ですから、軽くマッサージをして腸に刺激を与えて
腸を正常に動かしてあげることで便秘が解消されるというわけです。


これにより、お腹に溜まったガスもしっかり出ていきますので
便秘による腹痛にも効果が期待できます。

私自身も便秘で困っていて、
1週間お通じがないなんてこともしょっちゅうです。

なので、よく腹痛に見舞われるのですが、
そのたびにおへその周りに丸を描くようにくるくるとマッサージします。

強く押しすぎると余計に内蔵を圧迫してしまうので要注意。

しかし、これはかなり即効性があるので
すぐに出るときが多いですね。

私の場合は遅くとも、1時間前後でお通じがきます。

ぜひ試してみてくださいね。

2.お腹を温める

すぐにお通じが来そうにないときは、
まずお腹を温めてみましょう。

体が冷えると内蔵の動きも鈍くなります。

腸の動きが冷えによって鈍り、
排泄を促さないこともよくあるので、
まずは温めて血の巡りを良くしておきましょう。

私はお通じが来ないと思ったらすぐに下腹部にカイロを貼っておきます。

すると自然と体もぽかぽかしてきて、
お通じがその日のうちに来るなんてことも珍しくありません。

いずれにせよ、お腹を温めることはとてもいいことなので
腹巻を利用したり、カイロを貼ったりして
積極的にお腹を温めてみてくださいね。

3.食物繊維の多い食べ物を食べる

a0002_001067

少し時間はかかりますが、
きちんと食物繊維のたくさん含まれる食べ物を食べて
適度な運動をすればお通じはよくなります。

予防的な側面が大きいですね。

便秘には食物繊維、というのはもはや常識ですが
意外と食物繊維をうまく取れていない人も多いんですね。

日頃の食生活から見直してみてください。

私の便秘がちな友人はよくお昼休みに
近くのスーパーで焼き芋を買ってきて、おやつとして食べていましたよ!

最後に

人間の体に不可欠なお通じですが、
なかなかうまくいかずに腹痛につながってしまうことも多々ありますよね。

お通じが来ない原因として、腹筋が弱いことや
体の血の巡りがよくないこともありますので、
簡単に腹筋をしたり体を動かしてみてくださいね。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ