カラオケでビブラートを上手く出すコツは?練習方法は?

「ビブラートをかけてみたい!」

a0001_015237

最近はカラオケの採点機能でも
ビブラートの項目が用意されているように、
カラオケでカッコよく歌うためにはビブラートは必須ですよね。

そこで今回はカラオケでビブラートをうまく出す方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

カラオケでビブラートを上手く出す方法!

1.ビブラートには種類がある

基本的にはビブラートとは横隔膜を使いますが、
最も簡単にできるのはアゴを遣うやり方です。

単純に顎をカクカクさせるだけで、
喉から出る音は揺れるのでそれがビブラートに聞こえるというわけです。

しかし、アゴをカクカクさせて歌うのもなんだかなあ、
と思う人もいるのではないでしょうか。

次はビブラートをかけられるようになるためのコツをお伝えします。

2.まずはよく聴いて耳で覚えること

人間は何事も、自分の中に取り込んできちんと整理をしてからではないと
自分で実際やってみてもうまくいきません。

なので、まずは「ビブラートがキレイだなあ」

と思うアーティストを探してよく聴き込むことから始めましょう。

自分の頭の中で少しずつ音を再現できるようになってきたら、
次は脳内でイメトレしてみます。

自分の体をどういう風に使って、どういう声を出すのか、
しっかりイメージしてみてください。

何度もイメージしているうちに、

「なんとなくできそう!」と思えたらこっちのものです。

3. イメージできないときは映像を見てみる

もしなかなか頭の中でイメージできない、
というときは耳で聞くだけでなく実際に映像を見てみるのも重要です。

ビブラートが素敵、と思えるアーティストのライブ映像を見てみましょう。

体の使い方、たとえばお腹や喉のあたり、
口の開き方など細かくチェックしていきます。

ここでお腹に力が入っているな、とか、
口をこうやってあけたら声が響くんだな、
などビブラート以外のことも学べることでしょう。

4.実際に声を出す練習

イメージできるようになったら、
実際に声を出しながら練習してみましょう。

その際には、まず一番自分が楽に出せる音を一つ探してください。

そして、その音が見つかったらその音とその音の半音下げた音を交互に歌います。

「あアあアあア・・・」と声に出して見てください。

最初はゆっくり、テンポは60くらいからで構いません。

慣れてきたら少しずつテンポをあげて行きましょう。

そして、もしできることなら自分の出せる一番高い音とその半音下の音、
逆に一番低い音とその半音上の音とを交互に歌えるように練習してみましょう。

そうすることで少しずつ音を揺らすイメージがつかめて、
実際に歌にも応用できるようになってくるはずですよ。

最後に

どうでしたか?

もちろんすぐに出来るものではないと思います。

でも、ビブラートをかけて歌えると
カラオケでの注目度も一気に高まりますよね!

ぜひカッコイイビブラートを目指して練習してみてくださいb



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ