カラオケで高音を出すコツは?練習方法は?

男性でも女性でも、カラオケで歌を歌うときに
高音部に苦手意識がある人が多いのではないでしょうか。

高音は確かに、いきなり歌おうとすると非常に難しいですよね。

そこで今回はカラオケで高音をきれいに出せるようになるコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

カラオケで高音を出すコツは?

1.出したい音の目標を決める

まずは目標を決めましょう。

自分が現時点で、
地声で出せる最高の音を調べてみましょう。

そこから、1音~2音くらいで目標を定めて練習するといいですよ。

それくらいであれば、
練習するだけですぐに出せるようになります。

まずは具体的に、

「ソまで出したい!」とか「私はレまで!」

というように具体的な目標を定めて取り組むことが非常に重要です。

もし歌いたい曲やアーティストがいるのであれば、
その曲基準で決めるのも一つの手ですね。

2.喉を開けるイメージで声を出す

まずは喉をあけるイメージで声を出す練習をしましょう。

お腹の中から口の前歯のところまで、
1本の太い管が通っているようなイメージです。

舌の奥の筋肉をぐっと上下に押し広げてみてください。

最初は難しいかもしれませんが、練習を繰り返していると
できるようになってきますから気長に練習してみてくださいね。

それが出来たら、腹式呼吸で思い切り息を吸ってから
まずは自分の出しやすい音を出して見てください。

そこから半音ずつ8拍で伸ばしていきましょう。

3.少し目線を上にあげる

もし高音になるについて「どうもうまくいかないな・・・」と感じる人は、
少し目線を上にあげるといいでしょう。

もしくは、手を使っても構いません。

よく手を動かして歌っている歌手の方がいますよね。

それを真似するような感じで、
高さに合わせて手の位置を変えて見てください。

するとなんとなく、
声が出しやすくなっているように感じるはずですよ。

もしくは明るい気持ちで歌うことです。

楽しい気持ちで歌えば声のトーンも自然と明るくなり、
高い音も出やすくなるので、

「高音が苦手」と思わずに楽しく声を出すことができます♪

4.リップロールで音域を広げる

リップロールとは、唇をぶるぶると震わせる動きのことです。

ぶるぶると震わせながら8拍分伸ばしてみてください。

やってみるとわかるかと思いますが、吐く息を均等に、
かつ口周りや肩のあたりに余分な力が入っているとうまく伸ばせないのです。

意外と難しいので是非チャレンジしてみてください。

↓リップロールの解説動画

これはライブ前のアーティストなんかもよくやる方法で、
ウォーミングアップにもなりかつ音域を広げるトレーニングにもなるのです。

まずは自分の好きな音からでいいので、
そこから少しずつ高くしていったり低くしていったりして
いろんな音が出せるように練習してみてくださいね。

最後に

いかがでしたか?

高音を出せるようになるにはこういったトレーニングも欠かせませんが、
まずは自分で限界を決めつけないことが大事だと思います。

私も楽器を片手に歌を歌っているのでライブをすることがあるのですが、
自分で限界を決め付けるとそれ以上のものにはなりませんし、
大体自分の決めた限界の8割くらいのものにしかなりません。

まずは自分の限界を決めないこと、
変な声が出てもいいからとりあえず出してみることが重要だと思いますよ!



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ