メールで告白された時の断り方は?華麗にかわすための7つの心得!

「告白は断りたいけど、なんて言えばいいのかな?」

a0001_017626

好きな人から告白されるのはすごく嬉しいんですけど、
そうじゃない人から告白を受けても悩ましい限りですよね。

特に最近はメールや電話を使った草食系な告白が多いのだとか。

直接言われてしまったら断る方も直球勝負になりますが、
メールでの告白はしっかり考えて返信したいもの。

文章として残ってしまいますからね。

そこで今回はメールで告白されたときの上手な断り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

メールで告白された時の断り方は?

今回は断り方について以下のように
7つのポイントごとにご紹介したいと思います。

  1. 出来るだけ早めに返事をする
  2. メールでの告白にはメールで返事をする
  3. 返信は出来れば平日の昼間がいい
  4. 「仕事に集中したい」と言う
  5. 「ほかに好きな人がいる」と言う
  6. 「友達としてしか見ていなかった」と言う
  7. 「誰かと付き合う気にはなれない」と言う


では、1つずつ詳細を見ていきましょう!

1. 出来るだけ早めに返事をする

メールで告白されたときには
なるべく早めに返すのが鉄則。

長く放置して期待させてしまうのは厳禁です。

返事を待たされると期待も膨らんでしまいますし、
相手もずっとドキドキしていなければなりません。

まだかな、まだかな、と首を長くして待っているのに
返事がいい返事でなかったときの落胆度合いは
非常に大きくなってしまいます。

しかし、常にメールを待っているわけにもいきませんから
あまり無理はせず。

2. メールでの告白にはメールで返事をする

a0001_015477

告白がメールだった場合、
相手はとても恥ずかしがり屋かプライドが高い傾向があります。

いずれにせよ、メールで告白してきたのであれば
メールで返したほうが無難ですね。

前者の場合は顔を見てうまく話す自信がなかったのでしょう。

後者の場合はメールでしっかり考えて、
ミスなくスマートに告白したかったというのがあります。

3. 返信は出来れば平日の昼間がいい

お断りの返事は出来れば
陽の出ているうちにしてしまいましょう。

朝だと仕事ブルーと時間的にかぶってしまい、
余計に落胆させてしまいます。

また、夜だと人間は感傷的になりやすく
くつろいでいる時間が多いので色々と考えてしまいます。

ですから、大抵の人が仕事をしている昼間がいいでしょう。

仕事で頭が一杯なうちにスッと返事をすることで
それほど深く落ち込むことを防げます

4. 「仕事に集中したい」

メールとして残ってしまうので
文面はキレイにまとめておきたいところ。

恐らく相手は何度か読み直します。

「まだ仕事に集中したい」と伝えて「彼がダメ」なのではなく、
「恋人を作ることはしないから無理なのだ」ということを全面に押し出すのも一つの手。

プライドが高い人には、
男性の自尊心を傷付けないで済むこの理由がベストかもしれませんね。

5. 「ほかに好きな人がいる」

a0001_016508

もしちょっと執着されそうであったり、
なかなか諦めてくれなさそうであったりするときは
このパターンで行きましょう。

「好きな人って誰?」と聞かれても
答えないで濁したほうがいいです。

もし同じ職場の人だったり、
何かのコミュニティが共通している人であったりすれば
悪い噂を流されないとも言い切れません。

もし好きな人がいなくても架空の好きな人でOKです。

6. 「友達としてしか見ていなかった」

もし友達として長かったり、遊びに行ったりしていた人であれば
この理由でもいいでしょう。

ただし、変に気持ちを弄んだり
気のある素振りをしていないことが条件です。

私自身は告白を断るときはこのパターンが非常に多いですね。

「友達としてしか見ていなかったから、
お付き合いはできないけど今後も友達として仲良くしてほしい」

という気持ちを込めて言えば
その後の関係もそれほど悪くはなりませんよ!

7. 「誰かと付き合う気にはなれない」

これもプライドの高い人向けですね。

そもそも「誰であっても付き合う気自体がないよ」ということを伝えます。

実際にも過去の失恋であったり、
前の恋人のことを引きずっていたりして
次に踏み出せないという人もいるのではないでしょうか。

そういうときは正直に伝えてあげると、
相手も納得してくれるはずです。

最後に

いかがでしたか?

ここまでおすすめの断り方についてご紹介しましたが、
だめな断り方ももちろんあります。

それは、曖昧な態度を取ってしまうこと

曖昧な態度で濁したり、
決定的な断りの言葉を述べないのは
相手もモヤモヤしてしまうのでやめてあげてください。

「キッパリ」と「誠実さ」がポイントです。

「好きになってくれてありがとう」
「気持ちに答えられなくてごめんなさい」

などは最低限必要な文言と考えておいてくださいねb



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ