口下手の克服法!会話が弾む3つの極意とは?

初対面の人を前にすると上手く話せない><

a0002_010349

話したいことや伝えたいことはたくさんあるのに、
うまく言葉が探せなかったり上がってしまって
上手に伝えられない口下手。

これでかなり苦労している方もいるのではないでしょうか。

人間関係を構築して行く中で話による
コミュニケーションの存在はかなり大きいですよね。

そこで今回は口下手の克服法についてご紹介します。

スポンサーリンク

口下手を克服するための方法とは?

1.メモを取りながら本を読む

まずはボキャブラリーを増やして、
自分の中にストックを作りましょう。

それには本を読むことが近道になります。

当たり前ですが、本はたくさんのことばの集まりですから
素敵な言葉やうまい言い回しがたくさん詰まっています。

自分の中で「使えるな」と思ったものは
メモをしながら読むのがオススメ。

せっかく本を読んだのですから、
忘れてしまうのももったいないです。

メモを後から何度か見直すことで
自分に定着してきて実際に使えるようになります。

小説ではあまりに詩的すぎて日常ではなかなか使えない、
というのであればインタビューや対談をまとめた本や
エッセイなどがオススメですよ!

私はよくこれでことばのストックを増やしています。

2.喋りの達人から学ぶ

実際に話を盛り上げたいと思うのであれば、
喋りの達人からその術を学んでしまいましょう。

タレントやお笑い芸人は
その場を盛り上げることばを知っています。

声の抑揚や話の進め方など
たくさん参考になるところがあるはずですよ!

私の身近でお笑い芸人を目指しているという男性がいましたが、
やはりとっても話が上手でした。

お客さんの客層やタイプを見て
瞬時にウケそうなアドリブを考えるのだと言っていましたね。

普段の生活でも相手を見て
話題や話し方を選ぶのはとても有効です。

ぜひ喋りで生きている人から思い存分、技を盗んでくださいね。

3.服屋店員や美容師の話題作りを真似る

a0780_000234

接客業の中でも飛び抜けて話題作りが上手なのはやはり、
服屋の店員さんと美容師さんですよね。

どちらも様々なお客様を相手にするのに
必ず話題を盛り上げてくれます。

こういった接客業に携わるほとんどの人は
自分なりにウケやすい話題の選び方や
会話の弾ませ方などに流儀を持っているはずです。

それをよく観察してどんどん技を盗んでいくのもすごくオススメ!

私はよく自分が美容室に行ったときに

「こんな話題は面白いな」
「これはちょっと嫌な話だな」

というのを考えるようにしています。

また、自分が美容師さんになったらどんな話をするかな、
こんなお客さんだったらこう話しかけるな、

と考えてその後しばらく実践してみることもありますね。

こっそり人になりきってみると
意外と自分の殻を脱することができるのでとても楽しいですよ!

最後に

口下手はすぐに直るものではありません。

しかし、直そうと努力しないと
なかなか直らないものでもあります。

色んな講演やスピーチを聞きに行ったり、
今より構えずに人と話すことによって
少しずつ話すことが楽しくなってくると思います。

少しずつがんばっていきましょう!



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ