一目で分かる!結婚式でのご祝儀の相場まとめ!

「ご祝儀っていくら包めばいいのかな…?」

a0002_010349

結婚式って、様々なマナーやエチケットがありますよね。

服装はもちろんのこと、
言ってはいけない事や、やってはいけない事。

中でもある意味重要なのは「ご祝儀」ですよね。

相手との関係でも変わってしまうので、
一番の悩みどころです!

今回はそんな結婚式のご祝儀の相場について
本や友人、式場の方などに聞いてみた経験を活かして、
まとめてみました。

もし、相場で迷われたら参考にしてみてくださいb

スポンサーリンク

ご祝儀の相場まとめ!

さて、こちらでは結婚式の種類及び様々な場合のご祝儀の相場と、
事前確認に関する事を記していきます!

目次

  1. 同僚の結婚式の場合
  2. 親族の結婚式の場合
  3. 友人の結婚式の場合
  4. 会社の上司の結婚式の場合
  5. 欠席する場合
  6. 夫婦で結婚式にいく場合
  7. 番外編


1,同僚の結婚式にて

最近はインターネットもかなり便利になっているので、
スマホで祝儀の金額を調べている人も多いかと思います。

ちなみに、ご祝儀の相場で調べてみると
最大5万円ぐらいが一般的になっていますね。

ただし、注意が必要です。

この、祝儀の相場の最大金額である「5万円」を包んでしまった場合、
後々ややこしい事になるかもしれません。

これは私の話ですが、同僚の結婚式に参加した後で、
他の同僚たちとこのような会話になりました。

「おまえ、どのくらい包んだんだ?」

そこで私は「5万」と答えてしまったら

「マジかよ・・・俺3万円だぜ」
「俺も3万」
「俺もそのくらいだなあ」

となり、ちょっとまずいムードになりました^^;

こいつ見栄を張りやがって〜!
と思われたんでしょうね…。

さらに言うと、
一部の同僚達は額を話し合って決めている場合が多いです。

学生は2万円で社会人は3万円〜5万円というのが
一般的な相場なのですが、その情報で持って決めつける前に、
誰かに相談してみるのも一つの手ですね。

a0002_007009

2,親族の結婚式にて

こちらの場合でも同じく、
事前に話し合っておいた方が良いでしょう。

最も良いのは、あなたのお父さんです。

お父さんと同額かそれ以下というのが最も良いでしょう。

まあ、見栄を張ってお父さん以上の額を
出したい気持ちもわからなくはないですが、
花を持たせてやるのもある意味マナーですからね。

3,友人の結婚式にて

なかなか迷いますが、
こちらも相場は3万円が一般的。

最近は晩婚も増え、ある程度の年齢の友人の結婚式に
参加する場合も多いようです。

それでも、最大で5万円といったところです。

4,会社の上司の結婚式にて

最も厄介なのがこちら。

上司だし安くていいのか?
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

相場も3万円〜5万円と微妙な範囲です。

ここで事前に、親しい同僚や他の上司に確認しておきましょう。

ちなみに私の経験上、大体3万円ですね。

5,欠席する場合の、ご祝儀の相場

a1370_000161

欠席する際であっても、
ご祝儀を送りたいという人は多いです。

そこで問題になってくるのがその金額ですが、
友人の結婚式の場合は、1万円〜3万円が一般的ですね。

一番多いのが1万円です。

あまり額が大きくなると、
かえって気を使わせてしまうので注意しましょう。

年上や目上の方の結婚式を欠席なされる場合は、
3万円が妥当ですね。

金額が低かろうが向こうは気にしないでしょうが、
あなた自身がモヤモヤしてちょっとした疑心暗鬼に陥るかもしれません。

6,夫婦で参加する場合の相場

夫婦でご招待を受けると、
席も二名分用意されるんですよね。

なので、包む際は二名分を包むことになります。

その際に4万円は避けましょう

5万円包むことが多いようです。

番外編,高額過ぎるのも迷惑である

これは友人が体験したことなのですが・・・

友人の結婚式で、小学生の頃の同級生だった奴の
ご祝儀の額がものすごい金額だったそうです。

その額なんと50万円

受付から知らせが合って、
友人は「流石に受け取れない」と言ったのですが、
数千万円が当たったそうで、ご祝儀に使ったんだとのこと。

友人は結構気まずい思いをしたそうなんですよね。

まあこの話を知っているのは親族を除けば、
参加者の中では僕とその同級生だけなのですが。

会社の役員も来ていたそうなので、
もし知れ渡っていたらより胃が痛くなるところだったと言っていました^^;

その他 ご祝儀のマナー

何度も参加はしていても、
本当に正しいのかどうかって結構不安なんですよね。

そこで、ご祝儀に関するマナーを記していこうかと思います。

目次

  1. お札は必ず新札で
  2. お札の正しい向き
  3. 避けるべき金額
  4. 渡すときの注意
  5. ご祝儀袋の種類
  6. 包む額とご祝儀袋の関係
  7. 連名でのご祝儀は…


1,お札は必ず新札で

a0002_006860

ご祝儀のお札には「新しい門出をお祝いする」
という意味が込められているのです。

用意出来なかったときは、
披露宴会場のスタッフの方に新札と交換できないか聞いてみましょう。

向こうの方もなれているので、大概はこれで用意できます

あとは、お札をアイロンにかけるという手もありです。

2,お札を入れる際、向きが決まっている

人物が表の上側に来るように入れるというのが一般的です。

なんでも、死後の世界は全てが反対になっていると
考えられているのだそうです。

3,避けるべき金額

死を連想させる「4」や、
苦を連想させる「9」は避けるべき数字です。

一昔前は、「割り切れる」という理由で「2」も避けられていたのですが、
「ペア」の意味合いから最近では2万円でも問題は無いようです。

しかし、例えば目上の方などの結婚式においては、
避けておくべきでしょう。

4,渡すときに、祝福を

ご祝儀を渡す段になったとき、
ただ受付の方に渡すだけではダメです。

渡す際に「本日はおめでとうございます」
と一声かけてからお渡ししましょう。

a0002_005803

ただ渡すだけじゃあ、そっけないですからね。

5,ご祝儀袋

ご祝儀袋は、結びきりを選びましょう。

結びきりは、
一度結んだら解けない形になっております。

なので「二人で末永くお幸せに」
という意味と捉えられているので、
結婚式でのご祝儀に選ばれているわけです。

6,包む額とご祝儀袋

包む金額によって、
ご祝儀袋の見た目や値段も決まっています。

相手に心の準備をさせるためでしょうね。

大まかに言いますと、
包む額が2万円〜3万円の場合は大体300円〜500円程度ですね。

3万円〜5万円ならご祝儀袋の値段は
500円〜2千円程度の物にしましょう。

5万円以上ならご祝儀袋は最低でも千円です。

高いものだと、もう飾り結びから威厳を感じるレベルです。

他のものと明らかに格が違うことが見てわかります。

7,連名でのご祝儀はタブー

よく、共同でご祝儀を出したいと
言っている人を見かけますが、結構迷惑な行為なのです。

なぜか?

それは新郎新婦にとって負担になるからです。

食事などで一人あたり大体15000円、
それに場所代やプランニング費用などもかかっていることが推察されます。

なので、連名で出されちゃうと出費がすごいことに…!

それに、招待状は個別に出されていることが一般的です。

そりゃあ、会社の同僚だからという理由で
「○○会社の社員様」なんて出したほうが、はがき代も安く済みます。

でもそうしないのは、一人一人をご招待している
という意味が込められているからです。

それなのに、ご祝儀を共同で出してしまっては、大変失礼ですよね。

連名、共同でのご祝儀は、正確にはマナー違反ではないですが、
以上の理由から避けられているのです。

最後に

相場や簡単なマナーについては以上になります。

あとはもう、場数を踏んでなれるしかありませんが、
基本さえ押さえておけばマナー違反になることは決してないのでご安心ください。

最初は誰しも緊張するものですが、
例えば年を取って、何かの役職に就くようになったら、
そりゃあもう手際が良くなります。

私もはじめの頃はおどおどしながらも、
周りの人に聞いて色々教わりながら参加したものです。

もしこの記事が、ご祝儀のマナーの確認や
結婚式初心者の参考の役に立てれば幸いです^^



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ