人付き合いが苦手な場合の克服法!上手くなる為の3つのコツ!

人付き合いが苦手!なかなかうまく話せない><

a0001_009298

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

わたし自身も人と話すのが下手で、
距離感も掴めず面倒になってしまって
最終的には人付き合いが苦手になっていました。

しかしそもそも調和を大切にして生きる日本人にとっては
かなりの痛手ですよね。

そこで今回は、人付き合いが苦手な人でも
簡単に実践できる人付き合いのコツを3つご紹介します!

スポンサーリンク

人付き合いが上手くなるコツとは?

人付き合いのコツと言っても
細かいところまで解説すると膨大な量になってしまうので、
今回は下記の3点について紹介したと思います。

  1. 話すことに慣れる
  2. 断り方を覚える
  3. 上手な褒め方を知る

では、1つずつ見ていきましょう!

1.話すことに慣れる

a0002_007009

話すことが苦手だと人付き合いが
どうしてもうまくいかないので、
まずは人と話すことについてお話しします。

ポイントは2つ。

・簡潔に話す

どんな場面でもそうですが、
わかりにくく長い話は聞いていて飽きます。

要点を絞って簡潔に話しましょう。

すると話自体がわかりやすくなり、
共感を得られたり意見が聞けたりとそれだけで話が弾みます。

・相槌は具体的に

うん、うん、とだけ相槌を打たれても、
相手は「聞いてくれてるのかな?」と不安になってしまいます。

なので、できるだけ具体的な相槌を打ちましょう。

たとえば、仕事の愚痴を話されたときは
「○○の件は本当に大変でしたよね。すごいなあと思っていました。」

と言うと相手も「そうだろう?」とちょっぴり嬉しい気持ちになります

2.断り方を覚える

a0002_006974

人と付き合って行く中で、
どうしても出てくるのがお断りの場面。

飲み会を断ったり、遊びのお誘いを断ったりと
日常によくある機会ですよね。

ただ、やはりネガティブなことを
相手に伝えなければならないので
すごく難しくセンシティブな問題です。

ここでのポイントは2つ。

・即答する

わざわざ期待を持たせるようなことを言ってはいけませんね。

たとえば、「今日飲みに行こうよ!」と誘われたら

「今日行きたいんですけど、仕事がまだ終わらなくて。
あ、でも行きたいです。行きたいけど行けるかわからないです。」

長々と話してしまいがち

私も、嫌われたくない一心で
よくだらだらと話してしまいます。

なので、誘われたらこれも簡潔に

「今日は仕事をきちんと終わらせたいのですみません。
また今度誘ってください。」


ときちんと簡潔に言えば相手もそうか、と思ってくれます。

だらだら言うと悪印象に繋がるので要注意です。

・理由をきちんと言う

上の例でもそうですが、
理由をきちんと明確にしましょう。

「今日用事があって」など、
理由が曖昧だと相手も妙なことを勘繰ってしまいます

職場が同じなら、「○○の案件がまだ終わってないので」
などと言ってみると、相手もああ、なるほど、と思って
それ以上は追及してこないはずですよ。

3.上手な褒め方を知る

a0002_008491

相手をうまく褒めるのは
人付き合いを円滑に進める最短の近道です。

ただ、使いすぎは媚びているように見られるので
オススメできません。

これも、上手に褒めるポイントが3つあります。

・具体的に褒める

「すごいですね」というよりは、
「○○ができてすごいですね」のほうが、
特別感があって相手の印象も大きく変わります。

また、「すごい」というのもかなり大雑把なことばなので

「○○できてすごいです。私はそんなことできないので、
よくそんな大仕事できるなあって思います。」


などと、すごいと思った理由を添えるとベストですよ!

・無駄なことは言わない

褒めるときにあまりに無駄なことを言い過ぎると
媚びているように見える
ので要注意です。

たとえば、「ネクタイが素敵ですね」と言うところを

「そのネクタイは本当にお似合いで素敵です。
かっこいいです。」


というとなんとなく媚びているように聞こえませんか?

無駄なことばは極力入れないで
簡潔に褒めると媚びっぽくなりません。

・容姿のことは言わない

容姿に関しては、あまり言わないほうがいいでしょう。

恋愛で相手を褒める分はいいですが、
ビジネスの場など恋愛以外の場では
容姿についてはあまり触れないほうがいいです。

相手にもそうですが、
周囲にも下心があるように見られてしまい、
トータルでマイナスになる可能性が高いです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

わたしは人付き合いが苦手なのを克服するために
このようなことを心掛けて実践しています。

私自身、異性相手に容姿を褒めたところ、
何の企みもなかったのですが勘違いされ、
場が拗れてしまったこともありました。

恋愛では有効ですが、
オフィシャルな場では控えた方がよさそうですね。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ