初対面での会話で話題・ネタに困らない為の3つの心得!

「人見知りで初対面の人との会話が苦手!!」

という人も多いのではないでしょうか。

相手が初対面の人だと
確かに何を話せばいいかわからないので、
なかなか話が弾みにくいですよね。

そこで今回は、初対面の人と話すべき話題について
人見知りだった私が心がけた事をここでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

初対面の人との会話での話題はなにを話せばよいか?

1.共通点について

初対面の人と話すときには、
まずお互いの共通点を探してみましょう。

たとえば、自己紹介に趣味や最近ハマっていることを交えて
話をしてみると、相手が食いついてくれるかもしれません。

また、自分の出身地や卒業した学部学科、
学生時代のスポーツ経験など何でも構いません。

そして、相手の話を聞くときにも
何か共通点があればそこから話を膨らませてみましょう

ほかにも、音楽や本、映画や雑誌などは
話が広がりやすいですよ!

たとえば二人ともが好きな映画があっただけで、
監督や俳優で好みについても話せますし、
今度観たいと思っている映画や過去に観てきた映画の話にもスムーズに流れていきます。

一つの共通点があれば、お互いに少し心を開くので
何かきっかけが掴めればそれに派生して
色んな質問を投げかけて見ると話が盛り上がります。

2.相違点について

a0002_006969

たとえば音楽について趣味が違った場合

自分はロックが好きで相手はクラッシックが好き、
といった場面に遭遇することも勿論あると思います。

こうした場合にも、相手の趣味について理解を深めようと
さまざまな質問をすることで相手の話を引き出し、
心を開いてもらうことができます。

「クラッシックはあまり聞かないのですが、興味はあります。
もしよければ入門におすすめのCDはありませんか?」


と相手にアドバイスを求めるような感じで聞き出すと、
相手も親身になって考えてくれることが多いです。

なので、お互いの趣味・好みが合わなかったからといって
その話題について話すのをやめるのではなく、興味を示すことが大切です。

「私はあまり本を読まないのですが、興味はあります。
何か最近読んで面白かった本はありませんか?」


などと相手が自由に答えられる質問にすると
相手も答えやすく、あなたに対して興味を持ってくれますよ。

3.最近の流行について・昔の思い出について

誰にでも話が通用するのが、
最近の流行や昔の思い出に関する話題です。

最近の政治に関するニュースでもいいですし、
芸能・ファッション・音楽・経済など
何でもトレンドというものがあります。

ですので、世間で話題になったものについて
話を振ってみて相手の反応によって選び方を変えましょう。

たとえば、「最近の内閣の動きは難しいですよね」
と話を振ってみて相手が「そうですよね。〜の動向が、〜」
と話が続けばそれに乗っかってしまいましょう。

a0002_007009

もし自分のわからないところまで話が進んでも、

「お詳しいですね、○○についてよく理解できていないのですが、
どういうことですか?」


と質問してみるのも一つの手です。

もし、相手がよくわかっていなさそうであれば
その話題はさっと流して次の流行の話題へと移りましょう。

また、懐かしの思い出については
誰にでも過去があるので必ず何かは話せるはずです。

世代が同じであれば共感もできますし、
もし世代が少し違えば自分の時代と相手の時代について
話を深めてもいいでしょう。

最後に

いかがでしょうか。

初対面の人と話すのは誰だって緊張します。

私も昔はすごく人見知りで、
初対面の人とは何も話せずにいました。

しかしそれではダメだと思い、上記のようなことを話のネタにして
話してみると思いのほか盛り上がり、
人と話すことへ自信が持てるようになりました。

夢中になれる話題があれば誰だって熱く話ができます

初対面の人と話すときには、それを探す作業が入るだけですので、
緊張する必要はありません。

ぜひそれを心掛けて話をしてみてください。

きっと話が弾むはずですよ!



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ