男性が女性をやたら褒める場合の3つの心理!

男性にすごく褒められて「気があるのかな?」

a0002_010669

と思った経験がある方も
多いのではないでしょうか?

でもその後は、全く気がない素振りを見せたり、
ほかに好きな人がいると言われたり…。

男性は一体どのような心理で女性を褒めるのでしょうか。

今回は女性を褒めるときの男性の心理について
お話したいと思います。

スポンサーリンク

男性が女性をやたら褒める場合の心理は?

1.技術的なことについて褒めるとき

男性が女性を褒める場面では大きく分けて3つあります。

そのまず一つが、技術面で褒めるとき。

たとえば、

「本当にテニス上手だね」
「ピアノうまいね」
「仕事できるね」

などがここに含まれますね。

この場合、多くの男性は
あまり意識せずに褒めていることが多いです。

ただ単純に、自分にはできないことが
できるという事実に対して、

「偉いなあ」「努力したんだろうなあ」

と尊敬しているのです。

ですから、下心を感じる必要はないので
褒められたら笑顔で「ありがとう」と言っておくだけでいいでしょう。

ただ、男性は好きになるときには
相手に尊敬できる部分がないと好きになれない人が多いので、
その意味では一つリードを奪ったと言えますね。

2.内面的なことについて褒めるとき

2つ目は、男性が内面的なことについて褒めるときです。

たとえば、

「我慢強いね」「優しいね」「性格いいね」

などがこれにあたります。

この場合、少なからず好意はあると思ってもいいでしょう。

ただし、皮肉で言われている場合はまた別ですがね^^;

a0001_016518

技術的なことに関しては、
その人に対するイメージや気持ちとは
無関係に褒めることができます。

しかし、内面に関しては、
好意を抱いていない限りなかなか褒めることはできません

ですので、内面について褒めてもらったときには
少し意識してみるのもアリですね。

ただ、ここで難しいのが
好意も2パターンに分かれるということ。

友人としてなのか?
恋愛対象としてなのか?

その2パターンがあるのでそこには要注意。

褒められたあとは、
しばらく様子見が必要になりそうです。

3.容姿について褒めるとき

男性は女性の容姿について褒めるときは、
ほぼ間違いなく恋愛対象としての好意があると思っていいでしょう。

たとえば、ストレートに「可愛いね」というのもありますし、

少し照れ屋の男性であれば「リスみたいでいいね」と愛らしい動物にたとえたり、

「彼氏絶対いるでしょ?」と間接的に容姿を褒めることがあります。


ちなみに、「彼氏いるでしょ」という言葉を、
男性が女性に向かって言う場合、ほぼ確実に+の意味で使います。

つまり「(性格いいのに)彼氏いないの?」ではなく、
「(こんなに可愛いのに)彼氏いないの?」ということです。


ですので、褒められたときには控えめに答えるか、
ちょっぴり大胆に答えるかを相手の男性によって変えると
周りの女性と差がつくきっかけにもなるでしょう。

最後に

いかがでしたか?

男性が女性を褒めるときは
すべて下心があるというわけではありません。

そこをしっかりわきまえておく
今後の男性との付き合いもすごく楽になります。

私自身も、最初は褒められるたんびに
リアクションに戸惑いましたがねw

でも、男性がどういうつもりで褒めているのか?

それを理解するようになってからは
男性との付き合いを楽しめるようになりました♪

また、恋愛に発展するケースも増えたので、
褒め言葉は男性からのサインと思ってよく見極めてみてください。

チャンスを逃さずに済みますよ( ´∀`)b



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ