就活の面接でよくある質問4選!対策・回答例をチェック!

何度も繰り返される面接。

少しずつでいいのでパターンを頭に入れて、
それだけでもしっかり答えられるようにしておきたいものです。

そこで今回は面接でよく訊かれる質問と
その答え方についてご紹介します!

1.「あなた自身は友達にどういう性格だと言われますか?」

これは事前に何かしら考えておかなければ
下手すると墓穴を掘ってしまう可能性がありますので、
しっかり対策を立てておきましょう。

一言で「几帳面と言われます」と答えるのも悪くはないですが、
それだとあまりにインパクトに欠けますし、
裏を返せば神経質で気難しい性格なのではないかと勘繰られてしまいます。

この場合は野菜や果物で例えたり、動物で例えたりするのが面白いですね。

Answer.

「私は犬みたいだと言われます。
人見知りせず色んな人と仲良くできるからです。」



と言うとパッと思い浮かびますし、
犬のイメージと相まって人懐っこくて純粋そうな印象になりますよね。

2.「10年後、弊社でどのような社会人になりたいですか?」

つまりキャリアビジョンはどうか、
ということを訊きたいときの質問です。

これは自分の理想像と
会社のコンセプトや理念を絡めた答え方をしましょう。

たとえば「公正忠実」「お客様第一主義」を理念に掲げている会社であれば

Answer.

「私は御社での職務を通じて、公正な倫理観や知識、
接客技術を高め、一人ひとりのお客様に
顔と名前を覚えていただけるような営業マンになりたいです」


というように答えると、理念と合致しているうえに
具体的にどんな営業マンになりたいのかがはっきりしています。

3.「短所と長所をまじえ、1分以内で自己紹介をしてください。」

この質問に関しても、
事前にある程度のスクリプトや構成は考えておきましょう。

名前や学校名、学部名は当然ですが、
短所長所も頻繁に訊かれることなので、
その会社にアピールしたい長所と、
裏を返してもそれほど悪いことにはならないような
当たり障りのない短所を考えておきます。

もし当たり障りのない短所が思いつかなければ、
改善中であることやそのためにしていることも併せて紹介しておきます。

たとえば、

Answer.

「私は健康管理が苦手です。

しかし、社会人になるうえで健康管理は欠かせないもので、
自分が欠けると他の方にも迷惑をかけてしまいます。

そのため、社会人になる前には改善したいと思い、今は常に
マスクをつけ、帰宅後の手洗いうがいは欠かさず行っています。

おかげで今年は体調を崩したおとはありません。」


と言った具合です。

4.「どうして弊社にしたのですか?もっといい会社は他にあったのでは?」

これも一見すると非常に答えにくい質問に思いますが、
要するに他社と比べてどこがいいのかを訊きたいだけです。

それを訊くことで志望度の強さを知りたいのです。

そうとわかればきちんと志望動機を固めておくことと
業界研究をしておけばそれほど問題ではありません。

Answer.

「他社のこういうところは確かにいいと思いますが、
御社の~な環境のほうが私の○○の能力を活かせると考えた為です」


などと答えると自分らしさの出た答えになりやすく、
企業側にも自分の能力をアピールすることができます。

ちなみに志望動機の軸は

「企業の考え方と自分の将来像が合致すること」
「その会社で自分のどんな能力が生かせるか」

などを参考にして考えると
やりやすいうえに企業が求めている答えが導きやすいです。

最後に

いかがでしたか。

今回はいくつか挙げさせていただきましたが、
多くの企業がほとんど似たような質問をしてきます。

なので面接が終わるたびに思い出せる範囲でノートに書き出し、

「こう答えればよかった」
「こう答えたら反応がイマイチだった」

などと記録に残していくと次の面接に自信を持って挑むことができます。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ