雪道で滑らないための方法!靴はこれがおすすめ!

年に何度かある大雪

a0790_001035

子供ははしゃいで走り回ったりしますけど、
大人になるとそうはいきませんよね(´・ω・`)

しばらく時間が経った雪はカチコチに凍ってしまい、
転倒してしまう危険性が!!

硬いから打ちどころによっては整骨院送りになってしまいます><

私も以前腰を強く打って
しばらく歩けなくなりました…トホホ

それに懲りて、今年は滑らない対策を
徹底的に調べあげてみました!

冬の雪道で滑らないようにするポイントや靴について、
一緒に確認していきましょう( ・`ω・´)

スポンサーリンク

雪道で滑らないようにするための方法は?

滑らないようにする歩き方のポイント!

まず大事なのは、小幅で歩くことです。

大幅で歩くと足が高く上がり重心移動が大きくなるため
転倒しやすくなります。


そして靴底全体を路面につけて、
重心を前におき、すり足で歩きましょう!

かかとからではなく
つま先から着地をする事もポイントですね。

かかとから着地したら踏ん張れず
すってんころりんしてしまいます。

これで私も去年腰を強打してしまいました><


とりあえず、この2つのポイントだけでも、
かなり滑りにくくなると思います。

それと、雪道を歩く時は時間に余裕をもって、
急がず慌てずゆっくり歩きましょう。

そうすることで「滑りそうな道」を見分けることができ、
転倒を防ぐこともにつながりますからね(・∀・)

雪道で滑らない靴は?

雪道を歩く時に、靴が滑らないようにするには、
まず雪道に適した冬靴で歩くのが一番手っ取り早いですよね。

夏靴と違い靴底がギザギザと深い溝がついてたり、
金属の先が尖った金具がついてる
ので滑りにくくなります。

旅行や数日しか雪道を歩かないって人には、
靴用のアタッチメントがお勧めです。

つま先タイプと、全面タイプがあるので
購入するお店に聞いてみるとよいと思います。


すぐに買いに行けそうもないときは、
人や車が踏んだ後のない雪の上を歩くのも効果的です。

いくら冬靴を履いていても、
完全に滑らないわけではありませんからね。

滑りやすい場所というのがあるのです。

よく滑っている人を見るのは横断歩道や、
車庫の前の歩道
といったところ。

人や車がたくさん通るので雪が踏み固められるうえに、
車の熱によって雪の表面が融けやすくなります。

さらに車のタイヤの摩擦により道路が磨かれるので、
よけいに滑りやすくなるのです。

道に傾斜があるところも滑りやすくなっているので、
注意が必要です。

a1180_001178

そして雪道を歩き店内に入る時にも注意してください。

タイル張りの店内にはいったときは
靴底に付いた雪や氷で非常に滑りやすくなります。

タイル張りの所を歩く時は歩く前に靴底の雪や氷をきちんと落としましょう。

アタッチメントを使用してる場合は、
外した方が安全
だと思います。

何が何でも滑りたくない場合は?

最近だとハイパーVソールとかいう
靴がTVで紹介されているのを見つけたので、
それを購入するのも手ですね。

ちょっと見ただけでは分かりませんが、
靴底にV字のゴムがたくさん付いていて、
靴が浮きにくい様になっているんだとか。


一応楽天ショップの画像貼っておきますが、
普通の靴屋にも売っています。

どうしても雪道で滑らないようにしたいという方は、
3000円ぐらいで買えるのでおすすめですね。

最後に

北海道育ちの私も年に何回かは転びます。

どんなに注意をしていても、
転んでしまう事もあります。

転んで大けがをしない為にも、
帽子や手袋をきちんと着用しましょう

寒さ対策にもなります。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ