聞き上手な人の特徴とは?聞き上手になるための5つのポイント!

職場でも学校でも恋愛でも、
愛される人には共通点があります。

a0001_016516

それは「聞き上手」であること。

みなさんも、自分のことばかり話す友人に
閉口した経験はありませんか?

人間は自分の話を聞いてもらうことで安心を得る生き物です。

そこで今回は、コミュニケーションとして最も一般的な
「会話」の鍵を握り、話し手が心を開かざるを得なくなる
「聞き上手」な人の特徴やなるためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

聞き上手の人の特徴やなるための5つのポイント

1,相槌のバリエーションを増やす

たとえば、上司と話しているときは
ついつい相槌が「はい、はい」のワンパターンになりがちです。

しかし、それだけでは話を深めるのに
時間がかかってしまいます。

そこで、相手の話を端的に繰り返したり、

「それは大変でございました」
「ご心配でしたね」

話し手の心情に寄り添った言葉を付け加えたりすることによって
相手の話を引き出しやすくなり、短時間でより深い話へと展開することができます。

2,話を深めるような好意的な質問を投げかける

話に相槌を打つだけでなく、
積極的に質問を投げかけると話し手は

「ああ、ちゃんと聞いてくれているんだ」

と好感を持ちます。

これができると、話の進み方が全く違います。

脱線も少なくなり、
本当に聞きたいことをスムーズに聞き出せる為、
聞き手にとってもメリットは非常に大きいです。

3,話の中心を相手からずらさない

a0002_007009

せっかく人が話しているのに、
いつの間にか自分の話にすり替えてしまう人は非常に多くいます

そういう人を見て「いやだな」と思っていても、
気を抜くと自分もやってしまいがちですよね。

自分のことを話したくなっても、
「この話は次の機会に」とぐっと堪えて、
話し手を主人公に据え置くことに専念しましょう。

すると相手も気持ちよく話ができます。

4,ポジティブな提案をする

話し手が自分の中ですでに完結した問題を話している場合は別ですが、
人と話すときには完結していない話を聞いて欲しいと思う傾向が強いです。

ですので、話し手が迷っていたり、悩んでいたりする場合は、
出来るだけポジティブな意見を述べましょう。

たとえば、友人が恋人と喧嘩して別れるかどうかを迷っているときには、

「関係を続けていく為にはどういった付き合い方がベストか?」
ということを考えて簡潔に答えると相手もその流れに乗ってくれるでしょう。

5,場面にあった表情で、やや大げさな身振りで

a1640_000298

楽しい話であれば笑顔でやや早めに浅く頷いて、
また悲しい話であれば眉根を寄せてゆっくり深く頷いてみてください。

眉を上げたり、口をへの字に曲げたり、目を少し見開いたりを、
できるだけ表情豊かに見えるように話を聞いてみてください

話し手は聞き手の共感を強く感じ、
より感情豊かに話ができます。

そうすることで話し終わったあとの話し手の心情が大きく変わります

悲しい話であれば少し心が軽くなり、
楽しい話であれば楽しさが持続します。


これらのポイントを少しずつ組み合わせて
会話に取り入れてみてください。

少しずつ聞き上手に近付けるかと思います。

質問をしたり提案をしたりと、自分を話に集中させるきっかけにもなるので
共感できたり考えさせられたりと、自分にとってもいい機会
なるのではないでしょうか。



スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ