お彼岸に食べるおはぎとぼた餅の違いとは? 

お彼岸といえば、
ご先祖様のお墓参りをしたりする時期ですよね。

毎年「春分」「秋分」の日を中心とした一週間がお彼岸として、
たくさんの方がお墓参りをしておられます。

そんな風に「時期」を表す言葉として使われていますが、
実は彼岸というのは「場所」を表す言葉なのです。

a0940_000463

その場所というのは「あちら側の世界」のこと。

仏教を修行している人にとっては、
迷いや悩みのない、あちら側の世界である「彼岸」に
渡ることを願って修行をしているのです。

ではその「お彼岸」に食べられるものといえば…?

そう、「おはぎ」と「ぼた餅」ですね。

「おはぎとぼた餅…何が違うの?」って思われた方は
少なからずおられるのではないでしょうか。

実はこの二つ…
基本的には同じ食品なのです。

漢字にしてみましょう。
「牡丹餅」と「お萩」

…勘のいい人ならもう気付いたのではないでしょうか?

それぞれ「春」と「秋」を表しているのです。

春にはあんこをその季節に咲く牡丹の花に見立てた
「牡丹餅」

そして秋にはあんこをその季節に咲く萩の花に見立てた
「お萩」



という風に変わります。

実際に、江戸時代中期に出版された、
「和漢三才図会」という本には
「牡丹餅及び萩の花は、色、形をもってこれを名付く」
という文章が出てきます。

つまりどういうことか、というと、

「ぼた餅もおはぎも、見た目が花に似ているから、そう名前を付けた」
という所でしょうか。

2013y11m27d_161733764

他には、こしあんを使ったものが「ぼた餅」
粒あんを使ったものが「おはぎ」と言われています。

これにもちゃんと理由があり、ぼた餅を食べる春先には、
冬を越した小豆を使うと皮が硬く、粒あんに向きません

なので、皮を取り除きこし餡にしてぼた餅を作りました。

一方おはぎを食べる時期というのは、
秋なので収穫したての小豆を使います。

なので皮ごと食べられる粒あんにしていた、ということなのです。

現在では栽培技術、収穫方法が改良されて、
皮が硬くならないようになっているので、
そのような心配はないのかもしれません。

他にも

  • 丸くて大きいのが「ぼた餅」
  • 小ぶりで長めに作ってあるのが「おはぎ」

であるとする説や、

  • お米がもち状になっているのが「ぼた餅」
  • お米のつぶつぶが残っているのが「おはぎ」
  • とする説もあるようです。

    いずれも間違いではないでしょうし、
    地域によっても違うのかもしれませんね。



    スポンサードリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ